会社について

会社概要

社名   合同会社ほとりび
設立年   2018年7月
代表社員  大島 悠
所在地   〒141-0031 東京都品川区西五反田1-13-7 マルキビル503

事業内容
1)伴走型長期広報支援:中小企業やベンチャー、スモールビジネスを営む会社に「編集パートナー」として伴走し、情報資産の蓄積・活用を推進。Public Relations(社会との良好な関係構築)の実践をサポートします。

2)各種コンテンツ/ツールの編集・制作:BtoBビジネス領域で必要となる、各種コンテンツやツールの編集・制作を行います。(PR/マーケティング/採用/社内広報 ほか)

>> お問い合わせ先

 

代表プロフィール

大島 悠  Yu Oshima
1983年生、2006年 筑波大学卒。雑誌制作会社、企業広報専門のデザイン制作会社(ディレクター職)を経て、2013年に独立。以降、フリーランスの「企業広報支援ライター」として、BtoBビジネス領域の広報ツール、各種コンテンツの編集・制作に携わる。制作会社時代を含めた10年の間に取材した企業は、のべ1,000社におよぶ。

ライターとして活動するうち、企業の中で「編集者」の役割を担うポジションの必要性を感じ、ライターを辞して2018年7月に法人化。Public Relations(社会との良好な関係構築)の考え方を軸とし、「編集」の視点と技術をいかした伴走型の広報支援を行っている。

 

当社のあゆみ

  • 2013年1月 代表の大島悠が個人事業主として独立。「企業広報支援ライター」として活動をスタート。
  • 2018年7月 「合同会社大島悠事務所」を設立。ライティング中心の仕事から、編集・広報支援の事業へと軸足を移行。
  • 2019年7月 「合同会社ほとりび」に社名変更。公式サイトを移転。

 

掲載情報


■「すべての人に届く言葉はない」今こそ必要な情報発信の心得とは?

(2018/11/13,イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」)
https://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/yowami03


■ とあるフリーライターが挑む「新しいPR支援」の事業化

(2017/5/1, 株式会社PR Table ストーリールーム)
https://www.pr-table.com/PR_Table/stories/577

2015年10月〜2018年12月まで、エディターとして創業期の株式会社PR Tableに参画

 

 

わたしたちに「手助け」できること