わたしたちが編集するのは、本でも、雑誌でも、Webメディアでもありません。

社会の中で価値を生み出す、“カイシャ”と呼ばれる集団・組織。

「ほとりび」では、その“カイシャ”そのものの維持・発展に貢献するため、

編集パートナーとして社内の「情報資産」に光をあて、有効活用を進める役割を担います。

ほとりびの活動